二重整形にかかる費用・相場!【女性に人気の施術の種類】

医者

料金を比較しよう

女性

アフターケア込みなら安心

パッチリした目になれることから、二重まぶた治療は美容整形外科でも人気の施術となっており、特に糸で縫い留める埋没法は、希望される方が多い施術です。費用が安いこともこの二重まぶた治療の人気を支えていますが、施術料金は各美容整形外科で差がありますので、費用を比較することも忘れないようにしましょう。とりわけ費用を抑えて二重まぶたになりたい時は、ネット割や初回限定価格など、個々のクリニックで用意しているお得な割引き特典にも留意するのがベターです。また、費用をチェックする時は、治療後のアフターケアの料金が含まれているかどうかも、確かめておきましょう。埋没法による二重まぶた治療は、まぶたの数か所を糸で留めるだけのプチ整形のため、普段の生活へも直ぐに戻れますが、術後の数十分間は休んでいることが大切です。そのことで縫い留めた所の腫れや内出血を抑えられるようになりますので、いきなり活発に行動しないよう注意してください。アイメイクができるのはおよそ3日後など、術後の数日間は控えた方が良いですから、その点もカウンセリングの時に詳しく確認しておきましょう。そして施術の当日ですが、アイメイクなしで帰るのに気が引ける場合なら、予めサングラスなどを持参して行くと良いかもしれません。埋没法はプチ整形のため、術後にそれほど痛みは出ないとされていますが、帰宅後に痛みが気になる場合は我慢せず、出してもらった痛み止めなどを飲みましょう。一方、まぶたの皮膚に脂肪がある人や、厚く重たい場合は、全切開の二重まぶた治療を検討するのも効果的です。脂肪が多い状態では二重まぶたを保つ妨げになるケースもあるのですが、全切開法なら余分な脂肪を取り除き、理想的な二重まぶたが目指せます。費用は高めになるものの、半永久的に効果が持続しますので、埋没法では効果が長続きしない体質の場合、最初から全切開の二重まぶた治療を行うのも賢い選択です。もしも上まぶたがその状態にある際は、埋没法ありきにならないように気をつけ、切開法も視野に入れてカウンセリングで相談すると良いでしょう。また、切開法の場合、アイメイクは抜糸した次の日までできないケースも多いため、その点には留意しておきましょう。そのほか、埋没法を行った時も含めまして、血流が促進されて腫れなどを引き起こす要因になりますので、術後は当面の間、長風呂やサウナなどを控えるのが重要です。